Newsニュース

ARVI 航空気象サービス > ニュース > 導入事例 > 【導入事例】プライベートでも使いたいほど見やすい 〜春秋航空日本株式会社様

【導入事例】プライベートでも使いたいほど見やすい 〜春秋航空日本株式会社様

ARVI 座談会開催!今回は春秋航空日本株式会社のパイロットにお集まりいただき「ARVIのここが良い!」「ARVI チーム」のここが良い!を伺いました。

 

■パイロットから見た「ARVIのここが良い!」

・一番の魅力はルートごとに、断面図が表示できること。そこに揺れの情報も入ってくるので、必要な情報を統合して確認できます。雲や風の状況と実際に揺れている場所がどこか、現象と実況の関係把握が容易にできるのがとても良いと思います。

 

・拠点である成田空港以外の地方空港での折り返しの際の情報が簡単に確認できるようになり、より安全運航に役立っている、といったところでしょうか。以前は、成田を発った後の情報のフォローがしづらいと感じられることがありました。例えば成田を出発して佐賀空港に往復する場合ですと、到着地の佐賀から出発するときにTAFが最後に見た時から変わってないか、最新の情報をサッと見られるのがありがたいですね。

・揺れや雷については実際かなり気にしていますので、これらの情報がひと目で確認できると対策も立てやすく、より安全な飛行につながります。

・朝早く、急いでブリーフィングカウンターに行ってあれこれ見なくても、通勤の途中に必要な情報を得られ、仕事ができてしまう利点がありますね。専用の端末を見なくても情報をキャッチできるので、仕事の前日でも気になったらサッと確認できますし、プライベートの旅行の際にも見たくなります(笑い)

・以前は「クリック」が多くあれこれ選択したり表示させたり、とにかくやることが多くてストレスもありましたが、その点、ARVIは指一本で「ポンポン、パッ」という感じです。とにかく早い。出発前の準備時間も限られていますので、スピードアップは何より嬉しい要素の一つです。これまで以上に、満足度の高い確認作業ができていると思います。

・なんと言っても使いやすいのが良いですね。少しでも使いづらいと感じてしまうと、それだけで使う気になれませんから(笑い)

■「ARVI チーム」に思うこと

・いつも「あれを直して」「こんなのを追加して」と無茶なお願いをしているのですが、どんな背景でそれが必要なのかをきちんとヒアリングした上で、タイムリーに対応していただけるので助かっています。

・以前はパイロットや運航管理者は、雨雲の動きや霧の発生、強い揺れの情報などについて、それぞれ注意して自分から情報を取りにいかなければ、いち早く対応することが難しい仕事でした。今後は、システムのほうから「これは大事だ」というような情報を取捨選択したうえで教えてくれるようになると、情報入手が遅れたことによる対応の遅れをなくすことができ、安全運航や運航品質の向上につなげられると思います。ARVIには大いに期待しています!


春秋航空日本株式会社 パイロットの皆さま、ご意見ありがとうございました。
「ここが良い」のお声と同時に「こうなるともっと良い」というご意見も伺いました。ARVI は「もっと前へ」を常に意識しながら、実際にお使いいただいている皆さまの声を大切にし、進化し続けていきます!


お話を伺ったのは
春秋航空日本株式会社(SPRING JAPAN)様

SPRING JAPANはロゴマークである経営理念の3S(安全Safety・誠意Sincerity・笑顔Smile)のもと、より多くのお客さまへ安全・安心かつお求めやすい価格を提供するために、中国最大のLCC春秋航空の運営会社である春秋航空股份有限公司の出資を受け、2012年9月に発足。
成田空港を拠点とし、現在はB737-800型機6機体制、国内外10都市に運航しております(2020年10月31日時点)。SPRING JAPANはお客さまと共に常に飛躍し続けるLCCでありたいと考えています。単なる航空会社ではなく、「ココロ躍る空の旅づくり」を支援するLCCに進化し続けます。

現在では新型コロナウイルスの感染拡大に対し、すべてのお客様に安心してご利用いただくため、ロゴマークである経営理念3Sにちなみ、環境衛生対策「3S PROTECTION」を推進し、感染症予防策を徹底して実施しております。

新しい日常、新しい旅のカタチ、SPRING JAPANが「3S PROTECTION」でサポートし続けてまいります。変わらぬ快適さ、変わらぬ思い、SPRING JAPANがいつもの笑顔でお客様に安全・安心なフライトをお届けし、お客様の「ココロ躍る空の旅」をサポートいたします。

SPRING JAPANは運航便の全面再開に向けて、より一層励んでまいります。そしてこれからも安全・安心な環境づくりを第一に、常に衛生対策の取り組み強化を追求、改善しながら新しい空の旅のカタチを実現・提供してまいります。

取材協力・写真提供:春秋航空日本株式会社